認知症徘徊高齢者を介護する家庭へ

認知症徘徊検知器の貸与、販売

・利用者は市町村により貸与がうけられます(介護保険)
(テクノエイド協会福祉用貸与申請済 TAISコード01660-000002)
担当ケアマネージャより福祉機器レンタル事業者経由にて貸与
  ★詳しくは係員までお問い合わせください。

・その他、直接販売、レンタル

【事業の背景】

厚生労働省は全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表しており、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となる。 高齢者介護のあり方として施設介護から在宅介護への移行が求められる現状において、認知症患者の徘徊が介護を担う家族の大きな負担に繋がっているのも現実である。 徘徊に起因する行方不明、事故等が社会的に問題として取り上げられており、患者を見守る家族、施設関係の方々の自助努力では対策が限界を迎えている。

【事業内容】

上記に述べた問題をいち早く改善する為、本事業では徘徊の始まりを全国どこにいても知らせる仕組みを提供するものです。 介護に関わる家族の経済的負担も本事業で提供する製品が介護保険の適用対象となっている為、より手軽に利用することが出来る様になります。

高齢者向け介護施設へ

通所介護事業所向け施策

業務管理及び記録業務の効率化を図るシステム

記録業務のIT化を推進し、現場職員の事務業務の軽減を目指す

他施設との差別化により集客能力を高めるシステム

お客様に施設へ通う喜び、楽しみを感じて頂き、自立した生活を営む事が出来る仕組み作りを目指す

※施設個々で状況が異なる為、要望に沿ったカスタマイズを受託し、使いこなして頂けるシステムを直接提供する将来的には販売代理店による展開を目指す